遠山将吾の “ナナメ” 横から目線 の冒険の書

市議会議員の私が、斜め横から目線で様々なモノやコトなどを切り取ってみようと思います。

茶道の旅の途中で、気を取られたら心地よい目に遭ってしまった

f:id:shogo-toy1975:20170820213728j:plain

茶道を修めようと励んでいる

途中、休憩を挟んでかれこれ16年くらいになる

 

これだけ長くやっていれば

新しい刺激がなくなってくるように思う

 

ところが、それが全く違う

毎回が新発見の連続である

特に最近は、姉弟子の点前の中の所作に惹かれる

 

この前も、ご一緒したある女性の姉弟子様

とても賑やかな方なので、お話と笑い声が絶えない

 

しかし、一瞬で気持ちを惹かれてしまう

帛紗を捌く時の所作

本当に丁寧で、真面目で、綺麗な動きである

 

私は、、、

茶道に限って思えば、本当に人の良いところ探しをしている

美しい所作を探してしまう

そして、気を取られた後に残る余韻は

 

本当に心地よい