遠山将吾の “ナナメ” 横から目線 の冒険の書

市議会議員の私が、斜め横から目線で様々なモノやコトなどを切り取ってみようと思います。

あるクラウンとの出会い

f:id:shogo-toy1975:20170813215040j:plain

長上地区健全育成会の講演会でのこと

 

今年の会場は長上地区の市民協働の拠点

まさにコミュニティ活動の城

(であって欲しいけど、まだ砦くらいだと思う)

 

講演者は世界を旅する冒険者であるクラウン

テレビでも見たことのあるちょっとした有名人

 

とても可愛い風貌から切れ味鋭い技を繰り出す

そして、彼女が歩んできたこれまでの

『人生という冒険』についてのお話

 

突然襲ってきたうつ病や短かった結婚生活

 

40歳くらいになれば、みんなそれぞれ語ることはある

それでも、彼女が超えてきた様々な冒険は

私には大きな衝撃と彼女の言葉からは感動を与えたられた

 

少しテーマからは外れてはいたけれど

素晴らしい機会を与えてくれた長上地区健全育成会に心から感謝である


最近アナログ手帳をやめたので、勇者のペンを受ける紙を失っている

折角なので、何年か前に買った

「勇者の紙」とでもいうべきシャープ・電子ノートを引っ張り出した

 

8色を使い分けられる勇者のペンは資料等への書き込みに使うとして

普段使いには紙要らずの電子ガジェットをしばらく使ってみることにする