遠山将吾の “ナナメ” 横から目線 の冒険の書

市議会議員の私が、斜め横から目線で様々なモノやコトなどを切り取ってみようと思います。

勇者の腕輪的なデジタルツールを勇者のスマホと連動したら便利だけど

f:id:shogo-toy1975:20170625232213j:plain

少し前から勇者の腕輪・スマートウォッチを使っています

例の有名林檎のではなく、ペブルウォッチという知る人ぞ知る腕デジです

 

価格は林檎の数分の一ですが機能は十分で、かなり可愛いやつです

 

私はスケジュール管理をアナログ手帳でやってます

学生の頃から前職まではPDAという電子手帳やスマートフォンをパソコンと連動させて使ってました

林檎社のものが出るかなり昔からのスマートフォン利用者でした

しかし、ここ数年はアナログ手帳で予定管理をしています、、、

、、、正確には、、、ます、そして、ました、です。

 

いよいよデジアナ併用を開始しました

アナログ手帳をデジタルに転記

林檎社の勇者のスマホと勇者のタブレット、勇者の本、、、そして、

 

するとどうでしょう

ペブルウォッチにも予定が飛んで来るではありませんか

まさに、勇者の腕輪

 

しかしこれ、何かに縛られている感、支配されている感がかなりあります

もしかしたら、呪いの腕輪なのか

 

しかし、縛られるのも嫌いじゃないので、時計の予定をみるとワクワクします

便利だけど縛られる

アナログをデジタルに転記、、、本当に便利なのか、、、でも嫌いじゃない