遠山将吾の “ナナメ” 横から目線 の冒険の書

市議会議員の私が、斜め横から目線で様々なモノやコトなどを切り取ってみようと思います。

レベルアップは、フィールドを動いていると起こる

f:id:shogo-toy1975:20170615194535j:plain

このところ、外国人留学生支援の団体での活動が面白いんです

とにかく現場での活動が多いんです

 

人に会う機会が多かったり、意見・情報交換をしたりしてます

 

はままつ Global Houseという団体です

立ち上がったのは、ほんの数ヶ月前です

 

代表・・・私たちはキャプテンと呼んでいますが、若い女性です

そんなリーダーに率いられて、しばしば面白いお話が舞い込みます

 

その都度、冒険のようにフィールドを移動しては、集団でクエストしてます

 

私の目的は、昨年度の議会での質問・提案を現実にするための活動です

浜松市を多様性・創造性の高い面白い街にすること

そして、パーティの他のメンバーは、恐らく、それぞれの目的があると思います

 

色々な仲間がそれぞれの目的に向かって動きます

 

そして、いつもフィールドを去って、さようならをする後ろ姿を見ると

 

あっ、今日もみんなレベルが上がった

 

そんな気分になります

 

まだまだそれぞれは弱いけれど、徐々に素敵な技や魔法が使えるようになっている気がします