遠山将吾の “ナナメ” 横から目線 の冒険の書

市議会議員の私が、斜め横から目線で様々なモノやコトなどを切り取ってみようと思います。

冒険者が集う円卓で、勇者のペンを振るう

f:id:shogo-toy1975:20170717222602j:image

冒険者たちは、たまに円卓で集う

 

時には議論を闘わせ、時には共鳴し

運が良いとパーティとなり、その後のクエストで共闘する

 

人と人とがつながり、得意なスキルをそれぞれ出し合い

より大きな課題に挑む

 

円卓でざっくばらんな話をする時に、私が振るうのが

スーパーマルチ8。通称「勇者のペン」

8つの異なるペン先を杖の先端から繰り出す

そして、描かれた落書きは、綺麗に塗り上がり

記憶に留まりやすくなる

 

冒険者たちは、それぞれの活動を話し、

そして、勇者の私は、呪文「ぼんおどり」を唱える

この呪文はどの世界でも人々を惹きつけるようだ

 

近いうちに、中山間地域ジビエを喰らいながら

「ぼんおどり」と、唱えてみたい思った円卓会議であった

 

 

理不尽な王様

f:id:shogo-toy1975:20170709213740j:plain

 

静岡県中学生体育連盟水泳競技大会西部大会でした

 

小さな女の子の勇者は昨年の大会の試合終了直後に、王様から理不尽な暴言を吐かれました

王様はいいました

「不甲斐ないレースしやがって、来年次のステップに進めなければ、もうこんな冒険はやめてしまえ」

 

日頃からあまり感情を表に出さない勇者の女の子は、人前で号泣しました

 

親である王様は運動神経がよくありません

もちろん、競泳もやったことがありません

なので、勇者は親譲りの不器用さと運動能力のなさは否めません

 

しかし、勇者は自分なりに気持ちを整理し、専門種目を改めて見直し

兎に角、直向きに、地道に練習を続けました

それでも、なかなかタイムが伸びない時期が続きました

黙々と勇者は頑張りました

水泳の書を読み、水泳の動画をみて、体幹トレーニングをして、試合に臨む気持ちの持ち方も変えました

 

面倒で理不尽な王様から何も言われないように水泳だけでなく、勉強も頑張りました

 

そして、昨日、今日、この一年間、王様から受けてきた屈辱を晴らすべく

勇者は全力で戦いました

 

昨日は、先輩たちとのチームで次のステップへ

そして、今日、ついに今まで一度も破ることのなかった記録を乗り越えて

個人でも次のステップへ進むことができました

 

それでも、勇者はあまり表情を変えることはありませんでした

 

 

しかし、王様は涙が止まりません

 

すでに勇者は次の目標に向けて気持ちを変えていました

きっと勇者は、王様の言葉なんて関係のない次元で戦ってきたのだと思います

 

親が理不尽でも、子どもはしっかり育ってくれます

 

感動を、本当にありがとう

続・フラットな関係[ たたかう  にげる  まほう  どうぐ ▶︎きょうりょく ] 

f:id:shogo-toy1975:20170701231620j:plain

当然、冒険者はレベルが異なります

それは、早く冒険を始めた人とそうでない人

ゆっくりと経験値を貯めていく人

素早くレベルが上がり技能や魔法を身につけていく人

世の中にはいろんな人がいます

 

その中で、あるクエストにはこの仲間と

また違うクエストには違う仲間と冒険に出かけます

 

どうしても違いがあると階層化しようとする人がでてきます

おそらく集団になると高確率でヒエラルキーは発生します

 

 

極稀にですが、階層化した中でしか存在感を出せない人がいたりします

どうしても上下で人を見るようになってしまう

 

きっと、そのパーティは上手くいくときもあるかもしれないけれど

ダメになった時に、歯止めが効かなくなってしまうのかもしれません

集団が大きくなりすぎると往々にしてそうなると思います

 

私は、

協力すること ≒ 強力になること

だと思っています

 

どんなチームでも、パーティの仲間がフラットで意思疎通ができれば

ある程度は戦えるし、防戦時にも歯止めが効く

 

今日は、大学生の仲間たちと共に活動をしながらそんなことを思いました

勇者の腕輪的なデジタルツールを勇者のスマホと連動したら便利だけど

f:id:shogo-toy1975:20170625232213j:plain

少し前から勇者の腕輪・スマートウォッチを使っています

例の有名林檎のではなく、ペブルウォッチという知る人ぞ知る腕デジです

 

価格は林檎の数分の一ですが機能は十分で、かなり可愛いやつです

 

私はスケジュール管理をアナログ手帳でやってます

学生の頃から前職まではPDAという電子手帳やスマートフォンをパソコンと連動させて使ってました

林檎社のものが出るかなり昔からのスマートフォン利用者でした

しかし、ここ数年はアナログ手帳で予定管理をしています、、、

、、、正確には、、、ます、そして、ました、です。

 

いよいよデジアナ併用を開始しました

アナログ手帳をデジタルに転記

林檎社の勇者のスマホと勇者のタブレット、勇者の本、、、そして、

 

するとどうでしょう

ペブルウォッチにも予定が飛んで来るではありませんか

まさに、勇者の腕輪

 

しかしこれ、何かに縛られている感、支配されている感がかなりあります

もしかしたら、呪いの腕輪なのか

 

しかし、縛られるのも嫌いじゃないので、時計の予定をみるとワクワクします

便利だけど縛られる

アナログをデジタルに転記、、、本当に便利なのか、、、でも嫌いじゃない

レベルアップは、フィールドを動いていると起こる

f:id:shogo-toy1975:20170615194535j:plain

このところ、外国人留学生支援の団体での活動が面白いんです

とにかく現場での活動が多いんです

 

人に会う機会が多かったり、意見・情報交換をしたりしてます

 

はままつ Global Houseという団体です

立ち上がったのは、ほんの数ヶ月前です

 

代表・・・私たちはキャプテンと呼んでいますが、若い女性です

そんなリーダーに率いられて、しばしば面白いお話が舞い込みます

 

その都度、冒険のようにフィールドを移動しては、集団でクエストしてます

 

私の目的は、昨年度の議会での質問・提案を現実にするための活動です

浜松市を多様性・創造性の高い面白い街にすること

そして、パーティの他のメンバーは、恐らく、それぞれの目的があると思います

 

色々な仲間がそれぞれの目的に向かって動きます

 

そして、いつもフィールドを去って、さようならをする後ろ姿を見ると

 

あっ、今日もみんなレベルが上がった

 

そんな気分になります

 

まだまだそれぞれは弱いけれど、徐々に素敵な技や魔法が使えるようになっている気がします

 

 

感動の扉の鍵を手に入れられた瞬間

f:id:shogo-toy1975:20170604225121j:plain

 

子どもの部活を観戦していたときのこと

 

なかなか開けることのできなかった固い扉

 

子どもたちは鍵を探し当てたようです

鍵を探す冒険は大変なことだったと思います

 

目頭が熱くなりました

 

扉の向こう側にはまた扉があって

その鍵を獲得するための冒険がもう少し続きます

 

今のパーティで冒険できる時間はあと少し

もっと大きな感動を絶対いただきます

 

 

難しいお年頃の子の親をしていて手に入れた魔法

f:id:shogo-toy1975:20170530002458j:plain

子供が成長し、難しいお年頃になってきました

 

私は男三人兄弟の末っ子でした

難しいお年頃の長女は三姉妹の一番上です

 

ストイックなまでの実直さです

勉強も部活も頑張る子です

私はあまり頑張らない子でした

 

それでも私はお父さんです

子供に対し上から目線で偉そうに言います

 

同じ歳の頃の私と比較して全てで私を上回る子に

親として理不尽に、たいそう偉そうに言います

子供は真面目に話を聞き、時には叱責され涙を流します

 

このまま「お父さん風」という魔法が効き続けること願います

 自慢の子は、この魔法のおかげでいつまでも良い子であり続けましたとさ

 

めでたしめでたし